筍とそら豆のソテー パルミジャーノ和え

筍のシャキシャキ感とそら豆のほっくりした食感がおいしい春の一品。溶けてくるパルミジャーノがいい香りです。黒こしょうを多めに振って。

材料 [ 2人分 ]

ゆで筍 100g
そら豆 さやから出した状態で100g
オリーブオイル 小さじ2
ガーリックパウダー 小さじ1/2
小さじ1
[ A ]
- パルミジャーノ(粉末) 大さじ2
- 白ワインビネガーまたはレモン汁 大さじ1
- 塩 ひとつまみ
黒こしょう(粗びき) 適量

作り方

  1. ゆで筍は、穂先の部分と根の部分に分け、どちらも3mm程度の薄切りにする。そら豆は皮をむいて1分塩ゆでする。
  2. ボウルに[ A ]の材料を合わせておく。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れ、温まったら筍を炒める。この時あまり動かさずに、焦げ目をつけるように炒める。焦げ目がついたらそら豆を入れ、ガーリックパウダーと塩を入れ、全体をざっと炒め合わせる。
  4. 3 を 2 のボウルに入れ、手早く和える。味をみて塩で整える。
  5. 器に盛り、黒こしょうをたっぷりとかける。

 

POINT

そら豆はゆで過ぎに注意しましょう。ゆで過ぎてしまうとフライパンの中で崩れてしまいます。筍もそら豆も炒める前に火が通っていますから、フライパンの中ではざっと炒め合わせる程度で大丈夫です。

 

☆ワインと合わせるなら・・・

よく冷えたカバやプロセッコなどの爽やかなスパークリングやマルヴァジアなどのイタリアの白がパルミジャーノの風味とよく合います!またそら豆のほくほく感には辛口のロゼワインも好相性。